身体について
涼しく過ごす-活動するには
体温が上昇するほど、必要なエネルギーを作り出すことが困難になります。
身体には冷却するシステムがあり(たとえば発汗と呼吸など)、体温は一定の水準を保っています。しかしMS患者さんでは、このような「冷却するシステム」が損なわれていることがあります。
またMS(多発性硬化症)では、体温が上昇すると症状が一時的に悪くなることがあります。このような症状を起こさないためにも体温が上昇しない方法を検討しましょう。「涼しく過ごしながら活動すること」を考えて、以下のようなヒントを参考にしてください。
涼しさのヒント-毎日の変化
  • ① 薄い色の、木綿の服を着る。
  • ② 帽子などで頭を覆っておく
  • ③ 直射日光を避ける。
  • ④ 空調された場所を探す。
  • ⑤ 水分摂取を増やす。
  • ⑥小型扇風機を外出に携帯する。
涼しさのヒント-前もって計画する
  • ①暑い環境を避ける。
  • ②長い自動車での移動を避ける。
涼しさのヒント-緊急の対処
  • ①冷たいゲルパックを持っていく。
  • ②水のスプレーを使って服を濡らす。
  • ③ゆっくりと脚を冷やして身体の他の部分が冷えるようにする。