家族と友達
友達にどのように伝えますか?
MS(多発性硬化症)であることを友達に伝えるかどうかはMS患者さん自身で決めることです。最終的には、ほとんど人が、親しい人に状態を伝えなければならないでしょう。
このページではその説明の仕方についてアドバイスをします。
友達には何を知ってもらう必要がありますか?
友達に自分がMS(多発性硬化症)であることを告げる前に、何を知ってもらう必要があるのかを考えなければなりません。多くの人はMSについてほとんど知識を持っていないか、もしくは、あなたとはまったく異なる病状を経験したMS患者さんを知っているかもしれません。あなたの人間関係には、関係の深い親しい人と、関係の薄い人がいるでしょう。親族、友達、職場の上司などは、特に眼に見える症状がある場合には、あなたの身体に何が起こっているか知りたいと思うでしょう。またあなたをサポートするために何ができるのかを知りたいと思うかもしれません。あなたは親しい人や友達に対して正直になり、必要なときには援助を受け入れることを知らせておきます。その人達の心配は軽くなり、おそらくあなたの大きな支えとなることができます。

MSの簡単な説明(MSって何?のページ参照)とあなたの現在の病状はどのようなものかということから話すとよいでしょう。あなたに必要と思われる実務的なサポートが理解され、あなたの病状が実際よりも悪いと想像されることもありません。いつも使う標準的な説明があれば、自信を持って情報を伝えるのに役立ちます。

MSについて知識のない人は、MSに関して間違った知識(例:MSの人はみな最後に車椅子生活となる)や誤解(例:MSは伝染する)がある場合があり、きちんと説明する必要があります。MSの患者会にはパンフレットや小冊子があり、このような説明に役立ちます。