MSの診断
MSの進行の測定
神経内科医は神経症状評価尺度を定期的に測定して、MSがどの程度早く進行しているか評価しています。そのため少しでも病状が進行している場合、図に示すことが可能になります。臨床試験では、神経症状評価尺度によって被験薬を使用している患者さんと他の標準的治療やプラセボを使用している患者さんとの間で、疾患の進行について信頼性のある比較が可能となります。大部分の神経症状評価尺度では疾患の進行を機能形態障害、能力障害、社会的影響の点から測定します。

機能形態障害
心理的、身体的または解剖学的な構造もしくは機能のなんらかの喪失あるいは異常

能力障害
人間にとってに正常と考えられる方法で、またはその範囲内で活動する能力が障害されたことによって生じる能力の制限もしくは喪失

社会的影響
個人における不都合。ある個人の典型的な役割の遂行を制限または阻害する機能形態障害または能力障害によって生じる。