MSの診断
EDSSの歴史

今日、EDSSはMSでの機能障害の測定において標準化されています。 *1が考案したDisability Status Scale (障害度評価尺度)、すなわちDSSは10段階に分割されており、ゼロが正常な健康、10がMSによる死亡(非常にまれな事)を表しています。この尺度では疾患重症度の小さな変化が見落とされることがあり、1983年に0から10までの段階の間を細分化して20段階に拡大され(expanded)-このためExpanded Disability Status Scale(総合障害度評価尺度:EDSS)と言われるようになりました*2

次のような他の神経症状評価尺度-一部はEDSSの補助として-が提案されています。

  • SipeらによるScripps scale(スクリプス尺度、またはNeurological Rating Scale from the Scripps Clinicスクリプスクリニック神経症状評価尺度)*3*4
  • Mumford and Compstonに提案されたCAMBS(Cambridge Multiple Sclerosis Basic Scoreケンブリッジ多発性硬化症基礎スコア)*5

しかし現在、EDSSが標準的な評価法です。

参考文献
  • Kurtzke JF. Rating neurologic impairment in multiple sclerosis: An expanded disability status scale (EDSS). Neurology 1983;33 (11):1444-1452.
  • Sharrak B, Hughes RAC. Clinical scales for multiple sclerosis. Journal of the Neurological Sciences 1996;135:1-9.
  • Sipe JC, Knobler RL et al. A neurologic rating scale (NRS) for use in multiple sclerosis. Neurology 1984;34:1368-1372.
  • Mickey MR, Ellison GW, Myers LW. An illness severity score for multiple sclerosis. Neurology 1984 34: 1343-1347.
  • Mumford CJ, Compston A. Problems with rating scales for multiple sclerosis: a novel approach - the CAMBS score. Journal of Neurology 1993;240:209-215.