MSの診断
早期診断

MRIが普及する以前には、医師がMSの確定診断を告げるまでに長期間の経過を観察する必要がありました。現在ではMS患者さんの90%以上はMRI画像で確認できる病巣や、また髄液検査での異常があり、MSの診断をより正確に早期に行うことができるようになりました。しかし、ときには徴候・症状がとても軽度であるため、MSの診断を長期間にわたって確定できないことがあります。それでも、現在MSは非常に高い精度で診断されています。早期に診断されると治療をより早くから開始することができ、日常生活に対するMSの影響をより少なくすることができます。