MSの診断
MRIとは

磁気共鳴画像(MRI)検査は、現在MS(多発性硬化症)の分野で広く用いられています。身体の断面の画像を映し出すことにより、MSに特徴的な脳や脊髄の病変を確認することが出来ます。 MRI検査は人体に無害な電磁波を使って脳や脊髄の断面写真を撮る検査です。

MRI検査でどのように脳の画像が撮影されるのか、その画像からMSについて何が分かるのか不思議に思ったことがあるでしょう。
このページではMRIがどのように機能するのかについて概説します。なぜこの技術がMSの研究のために必要であるのかを説明します。また、MRI検査を受ける過程も説明します。

詳細は以下のページから